大腸がんは早めに治療する|ヘルスケアサポート

Hospital

十二指腸にできるがんとは

Man

がんの特徴や自覚症状

十二指腸がんとは、消化器官のがんの中でも滅多に見られていないがんです。また、十二指腸がんにかかる原因も不明である事が多いという事が言われています。十二指腸に悪性腫瘍ができるのは、良性腫瘍である腺腫というものが悪性に変化する事によってできると言われ、遺伝性の家族性腺腫症である場合には、高確率で十二指腸ポリープや十二指腸がんになるという事が分かっています。初期症状はないので早期発見が難しく、進行してから見つかるといったケースが多いと言われています。進行してから出てくる自覚症状としては、腹痛・吐き気・体重減少・貧血といった症状が挙げられ、更に進行すると、胆汁の出口を塞ぐために黄疸ができるという事に繋がります。

併用する治療が人気

十二指腸がんで行われる治療は、早期である場合には、内視鏡的な手術で済むのですが、進行してから見つかると開腹手術が行われます。そして、手術によってがん細胞を切除した後は、抗がん剤による治療を行います。しかし、近年では新しい療法が使用され始めており、十二指腸がんの治療方法として、高活性化NK細胞療法と高濃度ビタミンC点滴療法の2つの療法を併用する事が注目を集めています。その理由としては、抗がん剤に頼らずにがんに対する免疫をつける事が可能になり、更にこの高活性化NK細胞療法と高濃度ビタミンC点滴療法の2つの療法は抗がん剤による治療とは違って、副作用に苦しむといった生活の質を下げるといった心配がないからだと言われています。