大腸がんは早めに治療する|ヘルスケアサポート

Hospital

検診を受けるメリットとは

女性

検査方法とは

乳がんは女性に多いがんで、様々なことが要因となって発症します。40代以降になることが多いですが、30代でもなる場合があります。通常がんの場合は5年過ぎれば落ち着くとされていますが、乳がんの場合は10年たってから再発することもあります。ですが、早期に発見した場合は治る確率も高くなっています。乳がんを見つけるには乳がん検診をうける、自分で確かめるといった方法があります。乳がん検診は視診、触診、超音波検査、マンモグラィがあり、乳がん検診で行うマンモグラフィは40代以上の女性と年齢が決められていることが多いです。これはまだ若いうちは乳腺が発達しておりしこりなのか乳腺なのか判別できにくいことが理由としてあげられます。乳がん検診の中で超音波検査は痛みもなく、その場で医師と共に乳房の中をチェックできるので情報を共有することができます。

それぞれの利点とは

超音波による検査は痛みがなく、被爆の心配がありません。その場で医師と確認しながら画像を見ることもでき、乳腺が発達している若い女性でも受けることができます。ですが、医師の判断によるところが多いのでしこりがある場合は良性の可能性が高くてもマンモグラフィの検査を受けた方が良いでしょう。マンモグラフィはX線を使用するため被爆の問題がありますが、飛行機に乗った程度のものなので心配はいりません。乳房を平たくするため痛みが伴いますが、超音波に比べより正確にしこりを見つけることができ、その形もはっきりとわかります。以前マンモグラフィの検査をした場合、前回との比較が簡単にできるためしこりに変化がある場合などすぐにわかるようになっています。検査段階でしこりがない場合でも月に1回はセルフチェックを行いしこりの有無を確認するとより安心です。