大腸がんは早めに治療する|ヘルスケアサポート

看護師

特徴と予防のために

女性

がんは体のあらゆる場所にできるのが大きな特徴ですが、その中でも大腸に発症するがんが大腸がんです。大腸がんは偏在、日本で患者数がとても増加しているがんです。女性ではすでに乳がんを抜いて日本人の中で最も患者の多いがんになっていて、これからも患者数は増加していくと考えられています。大腸がんの大きな特徴として、初期症状がほとんどないということが挙げられます。初期症状がほとんどないため、自分ががんにかあってしまっているという事に気づかず、発見が遅れてしまうのです。症状が進むと、食欲不振、お腹の張り、下痢、血便などの症状が現れるのですが、これらはごく一般的な病気の症状でもあるので、こういった症状がでても事前に治ると考え医師の診察を受けるのが遅れてしまうのです。

大腸がんは先ほどお書いたとおり、日本で患者数がとても増加しているがんの一つです。これからも増加することが予測されているので、いつまでも健康でいようと考えるのであれば、大腸がんの予防法を知っておくことは大切です。大腸がんの原因としては、飲酒、喫煙、偏った栄養の摂りすぎ、肥満、運動不足などが挙げられます。また、戦後の食事の欧米化も大腸がんの増加の大きな要因となっています。これらを見てもわかる通り、大腸がんの予防には日常生活の見直しがとても重要になってくるのです。特にこの中でも、運動不足というのが大腸がん発症にとっては大きなリスクとなっているようです。適度に運動をしている人は運動不足の人と比べると、発症のリスクが半分以下になるといわれています。

死亡率の高いがんとは

患者

大腸は便を作る器官です。そして、ここに発生するがんを大腸がんと言います。食事、遺伝、飲酒、喫煙、肥満、運動不足などが原因で発症すると考えられています。他のがんよりも死亡率が高いため、食事や運動などで予防することに加え、健康診断などを受けて早期発見に努めましょう。

詳細へ

検診を受けるメリットとは

女性

乳がん検診には視診、触診、超音波、X線を利用したマンモグラィがあります。超音波はどの年齢でも受けることができますが、一般的にマンモグラフィは40歳以上が推奨されています。どの検査もしこりを見つけることができますが、さらに月1回はセルフチェックを行うと安心です。

詳細へ

十二指腸にできるがんとは

Man

十二指腸がんが見られる患者さんの数は少なく、原因が不明である事が多いと言われるという事が分かります。また、早期発見が難しいがんであるため、進行してから治療を行う事が多く、手術が行われる事が主流です。

詳細へ